This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

健康コラム

/健康コラム
コラムのpcバナー

健康検定協会から、健康に関する情報を皆様にお届けいたします。健康に関するコラム、健康をテーマとしたメールマガジンを発行しています。

3種類のクマ

よく夜更かしをしたり、寝不足だとできてしまうイメージがある目の下のクマ。

実際のところ目の下にクマができてしまう原因は
睡眠不足はもちろんのこと疲労やストレスなどによる鬱血で血液が黒ずんでしまい、
目の下の皮膚にメラニン色素が残ってしまうからです。

2017-11-23T15:43:08+00:00 11月 23rd, 2017|Categories: 医師による解説・コラム, 健康コラム|

放置してはいけない『肩こり』

近年、デスクワークなど長時間パソコンに向かって同じ姿勢でいることが原因で
悩みの種として『肩こり』を感じている人が多くいます。

ただ肩が凝っているだけと思い、そのまま放置してしまうという方もいますが
もしかしたら、その裏に重要な病気が隠れている可能性もあります。

2017-11-23T15:40:07+00:00 11月 23rd, 2017|Categories: 医師による解説・コラム, 健康コラム|

月経前に我慢は禁物?!

生理の前になると、決まって、顔がむくむ、体重が増えたような気がする、気分が沈む
イライラするなどの症状が現れると訴える人が多くいます。
症状がひどくなると、半月以上を不快な症状を抱えたまま過ごすという、なんとも気の毒な人もいるようです。
これは、月経前症候群(PMS)といい、原因としては、エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)、プロスタグランジンE1(局所ホルモン)などの異常や、ビタミンB6とマグネシウムの欠乏、低血糖などが考えられます。

2017-11-23T15:23:11+00:00 11月 23rd, 2017|Categories: 医師による解説・コラム, 健康コラム|

コラーゲン=美容と健康

いまや、様々な商品化がされている『コラーゲン』。
女性は、この言葉を耳になさるとトキメキを感じるのではないでしょうか?

コラーゲンはお肌の為、すなわち、『美容』に効果があるものとのイメージが強いようですが、そもそもは、動物の身体の中の結合組織に多く含まれるタンパク質のひとつです。

2017-11-23T15:21:49+00:00 11月 23rd, 2017|Categories: 未分類, 医師による解説・コラム, 健康コラム|

高齢者だけじゃない帯状疱疹

小田原銀座クリニック 院長 一原亮先生解説記事です。

“帯状疱疹” よく耳にする病気です。左右どちらかの皮膚にピリピリ、チクチクする痛みを伴って、帯状に赤く腫れあがった斑点ができ、1~2日後に水ぶくれ(水疱)となり4~5日まで拡大し、7~8日で膿疱となってから破れ、3週間ほどでかさぶたとなって自然に治るのが典型的な経過です。初期に重症ですと帯状疱疹後神経痛を発症することがあります。

2017-11-23T14:43:40+00:00 11月 23rd, 2017|Categories: 医師による解説・コラム, 健康コラム|

緊張するとトイレが近くなるのはなぜ?

小田原銀座クリニック 院長 一原亮先生解説記事です。

成人は膀胱に200~300mlほど尿が溜まると尿意を感じるといわれています。
そして500~700mlくらいまでは我慢できるといわれています。
しかし、試験前や人前で話をするとき、またトイレのないところに行くと
なぜか膀胱にはそんなに尿が溜まっていなくてもトイレに行きたくなります。
これは膀胱内の尿量に関係なく緊張や興奮、心配が自律神経に作用して起こる現象です。

2017-11-23T14:30:00+00:00 11月 23rd, 2017|Categories: 医師による解説・コラム, 健康コラム|